発症の原因

    アルツハイマー病は、脳の中に「アミロイドベータ」というタンパク質が原因で発症することがわかっています。老廃物で...

    Readmore

    早期発見、早期治療が大切

    アルツハイマー病は発症すると有効な治療法はありませんが、進行を遅らせる薬は開発されています。しかし、この薬も比...

    Readmore

    遺伝子検査を受ける

    アルツハイマーは早期発見がカギとなりますが、現在は遺伝子検査が予防に効果的との研究結果もあります。病気の原因と...

    Readmore

自立支援のために

病院の廊下

アルツハイマー等の認知症の症状は昔は痴呆症と呼ばれており決して良い意味では使われていなかったのです。
施設に入ることを姥捨て山に捨てられるなどの表現で用意られておりサービスの提供体系も利用者本位の現在とは異なったものになっています。
どちらかというと効率を求められている部分が強く声掛け等も行ってはいましたが実際にはほとんど作業をこなすという表現の方が的確なものになっていたのです。
時代の流れと共に姥捨て山のイメージが改善され個人が好きな施設を選べる契約制度に移行をしていきます。
応益負担から応能負担に変わった事により金額形態も一定の物に代わって行きます。
施設に入居をしている期間は収入を得ることが出来ますが一時外出をしている時等施設から離れている時は料金も発生しなくなっています。

今後はサービス形態もより良い物になっていき高齢者が自分らしく生活を送ることが出来るようになっていくと思います。
コミニケーションのやり取りもより利用者主体の形態に代わっていくことになり高齢者がいずれは在宅で生活を再度営むことが出来るように治療薬も進歩をしてくことになります。
完全に治す事は難しいですが進行を抑える薬等は現段階でも流通しているので独居の生活をしている高齢者をどういった形で支えて行くかが焦点になって行きます。
一人で生活をしていることにより話す相手がいない高齢者の方が割合的に認知症にかかりやすいのです。
それぞれが生活を見守っていくように取り組みを行って行くことにより自立支援を行っていくことがテーマになっていきます。

認知症の高齢者は生活環境が変わることが苦手であり不穏になりやすくなります。
普通の生活をしている人でもいきなり違った環境で住むのは慣れるまで時間がかかります。
こういった気持ちを取り組み利用者を安心させて上げることで症状を緩和していくことが出来ます。
コミニケーションを取ることにより関係性を構築していくことで信頼関係をす来ることが求めれれているので、相手の話しを聞く姿勢等が大切になっていきます。
お互いが気持よく過ごすことが出来るように配慮をすることで生活環境が整い残存機能の維持等も大切になるので機能が低下しない範囲の的確な運動等も大切になっていきます。
家族とのやり取り等も大切になっていくので変化などを伝えていくことも介護では大切になっていきます。

オススメリンク

アルツハイマーは最新の情報から忘れていってしまうので早めの治療がおすすめ:最新版 アルツハイマーの症状と治療ガイド

少しでも気になったら病院へ

人間だれしも年を重ねるごとに物忘れをすることがでてきます。しかし、それが日常生活に支障をきたすほどともなると、…Read more

遺伝子検査を受ける

アルツハイマーは早期発見がカギとなりますが、現在は遺伝子検査が予防に効果的との研究結果もあります。病気の原因と…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー